遺言・遺産相続について

遺言

誰でも自分の死後、家族や友人に対して残しておきたい言葉はあるかと思いますが、民法上の法制度における「遺言」は、死後、法的な手続きに則って行われる故人の最後の意思表示として効力を発揮する必要があります。

自分で「遺言書」を書いたとしても、自己流のために無効になるケースもあります。

法的に認められる手続きを踏んだ「あなたの言葉」であることが大事です。

そのお手伝いをするのが行政書士の役割となります。

遺産相続

すでに遺言書がある場合は、それに従って相続の手続きをすれば良いですが、一般人の方が遺言書を残すのは稀でしょう。

遺言書が無い場合は「遺族でどのように遺産分配をすればいいか」についてしばしば揉めることがあります。

そのようなときこそ、法律に則って行うことで、皆が納得できる方法を選びましょう。

そんなときにもお役にたてるのが行政書士です。

会社設立のサポート


株式会社、共同組合、財団法人、NPOなど、法人設立のお手伝いをいたします。

許認可手続き


宅地建物取引業免許申請・建設業・運送業の許可申請など、許可申請は専門性が求められるものがあります。間違いなのないようサポートいたします。